ISWC2017に向けた論文ブラッシュアップの会

昨年,神戸で開催されたISWC2016を盛り上げるため,
「ISWC2016に投稿する論文を,投稿前にブラッシュアップするための集まりがあれば…」
というアイデアのもと,研究会に参加者の有志で企画した
『ISWC2016に向けた論文ブラッシュアップの会』
について,今年度も実施することとなりました.

今年度は,SWO研究会の主催行事として,下記の要領で実施いたします.
ISWC2017への投稿をご検討のかたは,ぜひ,この機会をご活用下さい.

■日程 2017年4月17日(月)13:30-17:30
■会場 JST東京本部(サイエンスプラザ)・住宅棟1F会議室
■参加対象 ISWC2017に論文を投稿される予定の方(およびSWO研究会幹事)
■開催概要
  1. ISWC2017に投稿しようとしている論文の概要を,主に「背景,研究の位置づけ,研究目的,主張点,論文の構成」などを中心に,A4で1,2枚程度の資料(日本語で記述)にまとめて持ち寄っていただきます.
    • 資料については,未発表の論文の内容であることを考慮し,
       -印刷したものを当日,人数分持ち寄って配布し,議論の後は回収する
       -スライド投影のみとして,配布しない
      のいずれかを,各参加者が選択していただきます.
    • 遠方の方は,オンライン(Googleハングアウト,または,Skypeを予定)での参加も可能とします.
  2.   参加者で,ISWC2017への投稿に向けてブラッシュアップするためのコメントをする.
  3. 参加者は,ISWC2017への投稿を予定している人,もしくはSWO研究会の幹事など,ブラッシュアップのためのアドバイスが出来る人に限定します.
    ISWC2017への投稿予定がない方の聴講はできませんので,ご注意下さい.
  4. その他,発表時間の詳細などは,参加申し込みされた方に,後日,ご連絡します.
■参加申し込み
・参加を希望される方は,
 のフォームに必要事項をご記入下さい.
日程調整時に参加申込みをされた方も,最終確認のために上記フォームからの参加申込みにご協力下さい.

■参考情報
・ISWC2017のサイト
 →論文投稿締め切りは,【5/8概要,5/15論文全体】です.

ISWC2016のサーベイ
 →第41回研究会で実施した,ISWC2016サーベイセッションの発表資料です.

■問い合わせ先
 sigswo-kanji@ai-gakkai.or.jp(SWO研究会 幹事:担当 古崎)

Comments