研究会資料‎ > ‎

第42回SWO研究会プログラム

テーマ:「情報大洪水時代のデータ連携とセマンティクス」および一般
日時:2017年9月4日(月) 13:00-18:15
会場:国立情報学研究所(東京都千代田区一ツ橋2-1-2)
主催:人工知能学会 セマンティックウェブとオントロジー(SWO)研究会
参加費:無料

開催趣旨
IoT/CPSの進展によりモノのデジタル化が急速に進み,これに伴う爆発的なデータ流通量の増大等を背景に,多くの企業・組織において,部門を横断したデータの共有や連携の重要性が認識されています.

異なるシステム間でデータをやりとりできるようにするには,システム間で交換するデータの意味を相互に理解可能となるよう,共通の概念モデルやセマンティクスが重要になります.

しかし,組織や部門毎に個別最適化されたシステムでは,データ間の不整合や不一致が生じてしまい,組織間や部門間の垣根を越えた業務活動や分析でのデータ活用が進まず,依然としてデータのサイロ化が課題となっています.

今回の研究会では,システム間のデータ連携,及び関連技術に関する課題と展望について議論を行うことを目的に,「情報大洪水時代のデータ連携とセマンティクス」を特集テーマとし,セマンティックウェブとオントロジーに関する一般テーマと合わせて,開催いたします.

スケジュール概要
13:00-13:05 オープニング
13:05-14:40 企画セッション
14:40-14:50 休憩
14:50-16:20 研究発表セッション
16:20-16:30 休憩
16:30-18:10 研究発表セッション
18:10-18:15 クロージング

企画セッション
様々な分野の第一線で活躍されれている3名の方から,データ連携の重要性や推進の難しさについてご講演いただき,全体討論にて参加者の皆様と議論を深める予定です.

13:05-13:10 企画趣旨

13:10-13:35 招待講演1
一般社団法人 buildingSMART Japan
技術統合委員会委員長
足達 嘉信 氏
建物情報モデリング BIM (Building Information Modeling)についてお話しいただく予定です.

13:35-14:00 招待講演2
IEC/SC 3D 国際議長
株式会社東芝 主任研究員
山下 蘭 氏
標準ドメイン・オントロジーの構築と産業界向けの活用についてお話しいただく予定です.

14:00-14:25 招待講演3
Cloudera
Field Data Scientist
有賀 康顕 氏
データを前処理するためのデータの統合基盤,および機械学習等の企業でのプロダクションへの適用の難しさについて,お話しいただく予定です.

14:25-14:40 全体討論

研究発表セッション
14:50-15:15 SIG-SWO-042-01 (25分)
CPS/IoTのためのデータ連携基盤の提案
◯後藤孝行(九州大学共進化社会システム創成拠点)
本発表ではデータの相互利用やデータ処理プロセスの再利用性を高めるためのデータ連携基盤Circle Coreを紹介する.Circle Coreはメッセージのスキーマを設定・共有できることで円滑なデータ連携を実現する.

15:15-15:40 SIG-SWO-042-02 (25分)
LODとセマンティック技術を用いたデータ連携の枠組みと課題の考察
◯細見格(NEC セキュリティ研究所)
LODの公開,検索,利用などからなる活動の全体像を描き,現状の課題と解決への取組みについて,セキュリティ領域の関連事例や動向を踏まえて考察する.

15:40-15:55 SIG-SWO-042-03 (15分)
システム間データ連携におけるセマンティクス層の活用
○山中遼太(日本オラクル株式会社)
複数のシステム間のデータ連携が従来からETLツールを用いて実現されている一方,セマンティクス層におけるデータ統合がなぜ必要とされ,これがどのようなETLにより実現されるかを議論する.

15:55-16:20 SIG-SWO-042-04 (25分)
RDFデータに対するグラフパターンマイニング
○廣橋美紀,兼岩憲(電気通信大学大学院 情報理工学研究科 情報・ネットワーク工学専攻)
セマンティックWebにおけるリンクトデータの広がりにより,その膨大なRDFデータから有益な知識を発見する技術が重要となっている.本研究では,多様な意味的関係を含むRDFのグラフ構造から述語パスと目的語の頻出パターンをマイニングする方法を提案する.

16:20-16:30 休憩

16:30-16:55 SIG-SWO-042-05 (25分)
RDFグラフに対するキーワード検索の高速化と省メモリ化
○浜松良樹,兼岩憲(電気通信大学大学院 情報理工学研究科 情報・ネットワーク工学専攻)
リンクトデータの増加にともない,大規模なRDFデータを効率よく検索する方法が求められる.しかし,RDFデータからSPARQLでリソース情報を適切に検索するためには,データセットの内容やクエリの文法に精通している必要がある.本研究では,大規模RDFグラフに対する高速かつ省メモリなキーワード検索を提案する.

16:55-17:20 SIG-SWO-042-06 (25分)
関手的データモデルにおける情報単調性
○水野隆文(名城大学 都市情報学部)
関手的データモデルにおいては,データベースはスキーマ圏からSetsへの関手,データ操作は自然変換として表現される.この,有向グラフそのものをデータベースとして表現できる抽象度の高いモデルにおける情報単調整を考察する.

17:20-17:45 SIG-SWO-042-07 (25分)
大規模テキストデータにおける文章自動生成 -SEO事業を通じて-
◯太田博三(株式会社Speee デジタルコンサルティング事業本部)
非構造データとして,テキストデータが溢れている.しかし,事業で用いる段階では幾つかの留意点が存在する.例えば,盗作やSearch Engine Optimization(SEO)の文章である.本研究では実務で通用する方策を検討する.

17:45-18:10 SIG-SWO-042-08 (25分)
国際会議ESWC2017参加報告
○小柳佑介(株式会社富士通研究所),橋本一成(富士ゼロックス株式会社 研究技術開発本部)
本稿では,2017年5月28日から6月1日にかけてスロベニアのPortorozにて開催されたESWC2017を報告する.本会議と,我々が参加した併設ワークショップである,LDQ,Sem-Deepに関して,全体の概要と,幾つかの発表を紹介する.